ソフナイザー 自作してみました (なんちゃって版)
90Pを立ち上げてから何となく水草の育ちが遅い感じ・・・。
ソーラーⅠ×1台なので照明不足なのか・・・?とりあえずPH・GH・KHを測定してみました。

水道水 :PH7.2 GH3 KH2
90P   :PH6.4 GH5 KH3

どうもGHが上がり気味。これってあまりよくないのでしょうね? ちなみに同じ流木水景の60PもGHは3。
そこで違いを一つ一つ排除しながら様子を見てみました。

山谷石    : 水槽から出してバケツに入れた水に2日間漬けた後で測定すると  GH3 
           怪しいと思っていたのに変化なし。orz

MICRO X : 同じく単体で水に漬けて2日後に測定すると               GH3
          付属していたブラックシリカも変化なし。

そこへHPで見かけたソフナイザー自作の紹介ページ
面白そうなので作ってみました。

同じように試験管を使用するのが視覚的にもスマートだと思うので東急ハンズで購入。
直径25mmほどなのでnissoの吸盤がそのまま使えます。
パイプ類はガラスは加工しにくいのでTAMIYAの樹脂パイプφ5mmを購入。
c0177490_215115.jpg

肝心のイオン交換樹脂はアンバーライトIR120B Naを軟水工房で購入。 
ADAもNa型を使用しているようです。

一応50gをメッシュバックに入れてテストしてみましたが一晩でやっとGHが1だけ下がりました。軟水器みたいに瞬間的に軟水化するにはかなりの量が必要なようです。

紹介HPではフィルターの水流を分岐してソフナイザーに給水していますが、常時は稼動させたくなかったので
スポンジフィルターの要領でエアーポンプを利用できないかと試してみました。
そのため出水側のパイプ側面にエアを入れるパイプを取り付け、T型のパイプになっています。
1000円くらいでナンチャッテソフナイザーができてしまいました ^^;)

c0177490_22122745.jpg
が、いざ稼動させてみると・・・・。 動かない・・・。
試験管とパイプ内にはあらかじめ水を充満させておかないと循環しないです。気泡があってもダメです。
エアレーションでできる吸引力はあまり強くは無いのでイオン交換樹脂も多すぎると廻りません。
c0177490_22193841.jpg

試験管の外にあるU字パイプは給水口を下から取るためのものです。

使用感: タイマーをかけて二晩回してみたのですがGH5→3まで落ちました。 
水草の気泡も増えてきましたよ。¥^^) 

しかし、水槽内では結構目立つ物体なのでGH上昇の原因を排除しないとダメですね。
次はろ材を疑ってみます。
[PR]
by nak24 | 2009-06-02 22:25 | Goods
<< ホタルの光 ♪ 田植えをしました >>


bolbi.exblog.jp